病院、保健所、郵送の性病検査の特長

郵送VS病院VS保健所 性病検査の特長を比較!

性病検査を行っているところは病院、保健所、郵送による検査会社の3つがあります。それぞれにメリットとデメリットがあります。保健所と郵送による検査は素性を知られずに匿名で検査を受けられるので、ゲイやバイセクに利用しやすいです。

 

保健所の検査は無料なのが一番のメリットです。ただ検査項目や日程等に制約があるので利用しづらい面もあります。とはいえ、せっかくの国の制度なので活用する価値はあります。自分の都合で誰にも会わずに検査できるのは郵送検査です。費用はかかりますが時間的、心理的な負担がなくて利用しやすいです。現時点ですでに性病かもしれない体の異変や自覚症状がある場合は、病院(性病科、泌尿器科)で診察を受けてください。

 

病院、保健所、郵送の性病検査の比較

 

郵送検査

病院

保健所

 

 

検査場所

自宅など

性病科、泌尿器科、耳鼻咽喉科など。

保健所や指定の検査会場

検査を受けられる時間

いつでも

診療時間内(予約が必要な場合が多い)

指定の日時

検査項目(検査できる性病)

HIV、クラミジア、淋病、梅毒、B型肝炎など一部

全般

HIVなど限定的

検査に掛かる費用

HIV単体で4,000〜5,000円、8項目セットで約13,000円。

HIV検査で5,000〜9,000円、数項目セットで10,000〜20,000円。

 

※検査費用のほかに、初診料や診察料が必要です。

 

※健康保険の適用は医師の判断によります。性病の自覚症状がない場合の検査は適用されないことが多いです。検査結果後の治療については保険が適用されます。

原則無料

検査から結果までの期間

検査物返送後3〜5日 約1週間、即日可の項目があるところも(病院による)。 1〜2週間。即日可のところあり。

検査結果の提示方法

インターネット、書面、

対面※再診料や診察料が必要。

対面

匿名性

有り

無し

有り

メリット

  • 自分の都合で検査ができます。
  • 家族や他人に知られることなく検査が受けられます。
  • 匿名性があります。
  • 利用前に費用がわかりやすいです。
  • 念のための確認や定期的な検査に利用しやすいです。
  • 検査から診療、薬の処方まで一貫した治療が受けられます。
  • 検査の際のも医師と直接相談できます。
  • 無料で検査を受けられます。
  • 匿名で検査を受けられます。他人に知られなくする配慮がなされています。
  • 定期的に利用しやすいです

デメリット

  • 検査できる性病が血液や尿、うがい液などで検査できるものだけで、目や触診で確認する性病(ヘルペス、ケジラミ症、疥癬など)には対応していません。
  • 医師と相談ができません。
  • 検査に必要な血液や尿、うがい液などを自分で採取して送る必要があります。
  • 陽性結果が出た場合は、病院で再検査や治療する必要があります。
  • 病院にいく時間、費用が必要です。
  • 健康保険の適用を含めて費用が非常に分かりにくいです。
  • 匿名性はありません。
  • 医師や職員、他の患者と顔を合わせます。
  • 性病科以外の泌尿器科、耳鼻咽喉科では性病に不慣れな病院が有るので確認が必要です。
  • 保健所や指定場所へ行く時間、費用が必要です。
  • 検査項目がHIVなど一部に限定されています。
  • 検査の実施日時が限定されています。
  • 1日の検査人数に制限を設けているところが多いです。
  • 匿名ですが、看護士らと顔を合わせます。